市川ぼたんが主演舞台の公開げいこ 兄・市川海老蔵には「来て欲しくない」

2018年6月21日16時47分  スポーツ報知
  • 公開げいこを行った市川ぼたんと中村橋之助

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(40)の妹で舞踊家の市川ぼたん(39)が21日、東京・国立劇場小劇場で日本舞踊・未来座の公演「=裁SAI=カルメン2018」(22~24日)の公開舞台げいこに参加した。

 世界的オペラ「カルメン」を題材にした異色の日本舞踊。妖艶な美女・カルメン役を演じるが「私の中で出来上がらないカルメン像がある。なかなか先が見えませんが、あきらめずに明日を迎えたい」と抱負。海老蔵は「やるのは知ってるよ」と話しているそうで「来ないで欲しいですね。子どもたちにも刺激が強いので、来て欲しくないかな」と苦笑いした。

 カルメンに身も心も奪われる男・ホセを演じる中村橋之助(22)は「歌舞伎以外の舞台も、女性と一緒なのも初めて。初めて尽くしでW杯を見る余裕がない。今はこっちに集中したい」と気を引き締めた。

 海老蔵の妻・小林麻央さん(享年34)が亡くなってから22日で1年となるが、ぼたんは「公演初日が麻央さんの命日になるとは思っても見ませんでした。(舞台で)私にできる最善を尽くすことが、麻央さんにとって一番なのかなと思う」と語った。

 公演は水木佑歌、花柳寿楽とのダブルキャストで行う。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ