生稲晃子、オーケストラコンサートにゲストで来場

2018年6月22日19時57分  スポーツ報知
  • コンサートのオープニングにゲスト出演した生稲晃子

 元おニャン子クラブで女優の生稲晃子(50)が22日、東京・初台の東京オペラシティで行われたコンサート「オーケストラ・ポッシブル」にゲストで来場した。

 バイオリニスト・枝並千花が率いるオーケストラプロジェクトが「白い巨塔」「ドクターX」など医療ドラマのテーマ曲を中心に演奏するコンサート。生稲は2011年から乳がんを患い、右乳房の再建を含めて5度の手術を経験したが、入院中にクラシックをよく聴いていたことからサポーターに就任。この日はオープニングに登場しあいさつした。

 「入院中、クラシックを24時間かけていて、支えられました。クラシックが寄り添ってくれた」と振り返り「再放送を見ているので『コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―』を聴くのが楽しみ」と笑顔を見せていた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ