関ジャニ∞安田、背中と腰の骨折と髄膜腫手術を公表 ツアー参加も「本来のパフォーマンス見せられない」

2018年7月2日20時30分  スポーツ報知
  •  

 人気グループ・関ジャニ∞の安田章大(33)が、4月に背中と腰に全治3か月の骨折を負っていたことが2日、所属事務所から発表された。

 同15日に行われた渋谷すばる(36)の脱退、退社発表会見を欠席した際、理由について「強い打撲」としていた。事務所は「当時、関ジャニ∞が7人から6人になることでファンの皆様、関係者の皆様が様々な想いを抱くことを考えたときに、このタイミングでこれ以上のご心配をおかけするべきではないという判断」と発表が遅れた経緯を説明した。

 骨折の治療経過は順調ながら、まだ完治には至っていないという。15日から札幌ドームを手始めに6人体制として再出発となる5大ドームツアーがスタートする。「本来のパフォーマンスをお見せすることはできませんが、今の安田にできる最大限のパフォーマンスをさせていただくことでご了承いただけますと幸甚に存じます」とした。

 また骨折のほか、昨年2月に髄膜腫の摘出手術を行っていたことも発表された。良性の脳腫瘍で「手術は無事に成功し、現在も経過は良好」という。同5月から主演舞台、同7月から行われた5大Dツアーに予定通り出演していた。

 公式サイトでは、メンバー一同としてのコメントを掲載。「これからも応援してくださるファンの皆さまにはご心配をお掛けするかと思いますが、安田章大の意志をしっかり汲み取り、メンバー、スタッフ一同、最善かつ最大限のサポートをしていくことで、今まで以上の関ジャニ∞をお見せしていくべく、精進してまいります。今後も変わらぬご声援よろしくお願い致します」と、つづった。

芸能
注目トピック