サッカーW杯準決勝 フランス対ベルギーは未明に6・0%の好視聴率 占拠率は5割超

2018年7月11日10時17分  スポーツ報知
  • 先制ゴールを挙げたウミティティ(中央下)はチームメートから祝福される(ロイター)

 ◆W杯ロシア大会▽準決勝 フランス1―0ベルギー(10日・サンクトペテルブルク)

 11日未明からNHK総合で放送されたサッカーW杯ロシア大会準決勝のフランス対ベルギー(午前2時45分から午前5時)の平均視聴率が6・0%を記録したことが11日、分かった。

 シェアを示す占拠率は52・1%をマーク。平日未明から明け方にかけての時間帯でも、多くの視聴者が熱戦に注目していたことが明らかになった。

 試合は後半6分、グリズマンのキックにニアサイドへ走り込んだDFウミティティが、ボールの軌道を変えるヘッド。わずかなコースをつく技ありシュートで先制点を手にした。フランスは1点を守り抜き、ベルギーを破って06年大会以来3大会ぶり3度目の決勝進出を果たした。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ