Facebook
Twitter

山P&ガッキー「10年間の奇跡」 映画「コード・ブルー」舞台あいさつ

2018年7月11日19時59分  スポーツ報知
  • 笑顔の新垣結衣(左)と山下智久

 歌手で俳優の山下智久(33)、女優の新垣結衣(30)らが11日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで映画「劇場版コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」(27日公開、西浦正記監督)完成披露試写会に出席した。

 フジテレビ系人気ドラマシリーズの劇場版。この日は4000人のファンの大歓声に迎えられ、出演者が勢ぞろいした。08年のドラマ開始から10年の節目での映画化に山下は「10年間続けてこられて、(映画化という)ひとつの奇跡を味わっていただけたら」、新垣も「10年間のアルバムを作っていただいた感じ。登場人物たちの歴史を見守って、同じような気持ちでアルバムをめくっていただければ」と目を輝かせてあいさつ。見どころについて山下は「10年間の絆みたいなものが描かれてます。生きる事の大切さが伝わってくると思います」と熱っぽく語った。

 山下は西日本の記録的な豪雨による被害にも触れ「コード・ブルーファンの中に西日本に住まれて被害に遭った方もいらっしゃる。痛みに少しでも寄り添えることができるようにしたい」と慮っていた。

 この日は昨年10月に熱愛を報じられた戸田恵梨香(29)と成田凌(24)もそろって登壇。浅利陽介(31)を挟んで舞台に立ったが、お互いに目を合わせる場面は見られなかった。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ