乃木坂46がメインサポーター「高校生クイズ選手権」制作発表

2018年7月12日6時5分  スポーツ報知
  • 高校生クイズの制作発表を行った(左から)高山一実、佐藤楓、中田花奈、大悟(千鳥)、ノブ(同)、山下美月、西野七瀬、白石麻衣、桝太一アナ

 乃木坂46の白石麻衣(25)、西野七瀬(24)、高山一実(24)らメンバー6人が11日、都内で、メインサポーターを務める日本テレビ系「第38回 全国高等学校クイズ選手権」(9月14日放送、後9時)の制作発表会見に出席した。

 今年の大会は学校で習う知識だけではなくパズルのような問題などで、ひらめきや柔軟性など「地頭力」を競う。白石は「今までと違った楽しみ方で私たちも盛り上がりたい」とPRした。

 この日、メンバーで白石組と西野組とに分かれ、3問勝負を行った。白石組が勝ち、チーム西野が罰ゲームで苦いお茶を飲むことに。だが、もだえ苦しむ高山をよそに西野はケロリ。高山が「私がウソみたいになるんだけど…」と指摘すると西野は「苦いの平気なんです」と涼しい顔。

 同席したメインパーソナリティー「千鳥」の大悟(38)は「あえてリアクションをしないところが地頭のよさなんだな」とありきたりな反応をしない姿勢を絶賛。西野は「すみません」と気まずそうに笑っていた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)