クロアチアがイングランド撃破 未明のW杯準決勝は5・3% 占拠率は47・3%

2018年7月12日10時33分  スポーツ報知
  • クロアチアのマンジュキッチ

 ◆W杯ロシア大会▽準決勝 クロアチア2―1(延長)イングランド(11日、モスクワ)

 12日未明にテレビ朝日系で放送されたサッカーW杯ロシア大会準決勝のクロアチア対イングランド(午前2時40分から5時10分)の平均視聴率が5・3%だったことが12日、分かった。シェアを示す占拠率は47・3%に達した。

 試合は前半5分にイングランドが先制。クロアチアはMFモドリッチを中心に攻めながら決定機がつかめない状況が続いたが、MFペリシッチが足先をねじ込んでシュートし、待ち焦がれた同点ゴールを奪った。

 そして3試合連続の延長戦に突入。延長後半4分、MFペリシッチがバックヘッドでゴール前へ送ったボールから、FWマンジュキッチが執念で決勝ゴールを奪った。クロアチアは史上初の決勝進出。旧ユーゴスラビアから独立後、初出場した98年フランス大会での3位が過去最高成績。欧州選手権を含めても、国際大会の決勝戦はこれが初になる。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ