葉加瀬太郎、50歳祝う夏フェス開催も「ここ5~6年『5月にしない?』と…」

2018年7月12日14時20分  スポーツ報知
  • 夏フェスの取材会に出席した葉加瀬太郎(中央)とゴスペラーズ、小柳ゆき

 バイオリニストの葉加瀬太郎(50)が12日、都内で夏フェス「葉加瀬太郎サマーフェス,18~50thanks evolution~」(8月4~5日、葛西臨海公園)の取材会にゴスペラーズ、小柳ゆき(36)と出席した。

 2002年から毎年開催し、今年からタイトルを変更。今回は葉加瀬の50歳を祝う音楽祭として開催される。冒頭、ゴスペラーズの「ハッピーバースデートゥーユー」と絶妙なハーモニーで祝福されたが、「(誕生日は)1月だっつ~の!」と突っ込んだ。

 毎年、猛暑のステージが続いており「ここ5~6年、『5月頃にしない?』と言ってきた。始めた頃は30いくつだったけど、もう50ですから。ステージ上は午後2時くらいには50度超えるからね」。何度も出演してきた村上てつや(47)から「いつもスーツでビシッと決めてますよね」と振られ、「マーチン(鈴木雅之)さんがエナメルでくるからしょうがない」と苦笑いを浮かべた。

 本番に加えて、出演者による前夜祭や打ち上げも盛大に行われるという。葉加瀬は「前夜祭もかなり深い時間まで飲む方が多い。最初は佐藤竹善とかと1テーブルでやってたら、だんだん大きくなった。そろそろ大人ですから…」とし、「レーベルや事務所を超えて出会う機会になればと思ってやってきた」と思いを語った。

 小柳は、葉加瀬のステージのゲストアクトとしてセリーヌ・ディオンの「トゥ・ラヴ・ユー・モア」をコラボする予定で「荷が重いですけど、頑張ります」と抱負。ゴスペラーズは、葉加瀬とともにトム・ジョーンズの「ラヴ・ミー・トゥナイト」を披露することが決まった。

 同フェスは2組のほか、藤井フミヤ(56)、KAN(55)、山崎まさよし(46)、槙原敬之(49)、鈴木雅之(61)、さだまさし(66)ら豪華アーティストが出演する。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ