小泉孝太郎「今は一緒に撮影している気持ち」大杉漣さん“復活”も?…「警視庁ゼロ係」

2018年7月14日15時39分  スポーツ報知
  • ドラマ「警視庁ゼロ係」会見で商店街を練り歩いた(左から)安達祐実、小泉孝太郎、松下由樹、片岡鶴太郎

 俳優の小泉孝太郎(40)が14日、都内でテレビ東京系の主演ドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~THIRD SEASON」(20日スタート、金曜・後8時)のPR会見に出席した。

 東大法学部出身のエリートながらも、思ったことを何でも口にする“KYぶり”で窓際の部署「ゼロ係」に飛ばされてきた刑事・小早川冬彦(小泉)と、松下由樹(50)が演じる毒舌なベテラン女性刑事・寺田寅三とのコンビが活躍する物語。小泉の主演作の中で最長のシーズン3を迎える。

 これまでの2作では今年2月に亡くなった大杉漣さん(享年66)が亀山良夫係長として出演していた。今回は人事異動した同係長の後任役として、片岡鶴太郎(63)が登場する。片岡は「(大杉さんとは)30年前にご一緒したのが最初。2年前にも共演して『60代も捨てたもんじゃないな』と言われた。シリーズが今回で終わってしまったら僕の責任です」と笑わせた。

 小泉も「亡くなって悲しい気持ちになったけど、今は一緒に撮影している気持ち。寂しさは今はない」と笑顔。松下も「亀山係長はいます」と続いた。

 関係者によると、亀山係長は他部署で活躍中とのこと。今作でも「出てくるかもしれません」と過去映像などでの“復活”をほのめかした。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ