和久井映見、アニメ映画「君の膵臓を―」の声優に「グッと考えさせられ、切なくなった」

2018年7月16日12時0分  スポーツ報知
  • 和久井が声を担当するヒロインの母親

 女優の和久井映見(47)がアニメ映画「君の膵臓をたべたい」(9月1日公開)に声優として出演することが15日、発表された。

 膵臓(すいぞう)の病に侵された少女と病の秘密を知ったクラスメートの青春を描いた作品。同名ベストセラー小説が原作で、昨年には実写映画がヒットした。

 少女の母親役で、アニメ映画に声優として初出演する和久井は「生き切ること、生き続けること…。グッと考えさせられ、切なくなりました。参加させていただけてとても幸せです」とコメント。声優はアニメ「あじさいの唄」(2004~06年)以来2度目だが、元祖「癒やし系女優」だけに、作品を優しく包み込んでくれそうだ。

 主人公2人の声は、俳優の高杉真宙(22)と声優のLynnが担当する。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)