和田アキ子、デビュー50周年「WADA fes」に“断れなかった仲間”が集結

2018年7月17日6時0分  スポーツ報知
  • 和田アキ子
  • 「WADA fes」参加アーティスト

 デビュー50周年を迎えた歌手の和田アキ子(68)が、自身初の主催フェス「WADA fes(ワダフェス)~断れなかった仲間達~」を開催することが16日、発表された。東京・日本武道館で10月17、18日の2日間、年齢やジャンルを超えたアーティストとの共演で節目の一年を締めくくる。

 音楽と武道の聖地・武道館に歌手生活50年で初めて立つ和田は「ジャンルを超えた、まるで異種格闘技戦のようなお祭りになるんじゃないかとワクワクしています」と意気込んだ。第1弾出演者として、17日は鈴木雅之(61)、横山剣(58)、倖田來未(35)、C&K、18日はAKB48(出演者未定)、氣志團、BOYS AND MEN、BOYS AND MEN研究生、MACO(27)の9組が決定した。

 2日間で約20組を想定し、参加歌手による和田のカバー曲やコラボも計画されている。MCは17日が出川哲朗(54)、18日がお笑いコンビ・さまぁ~ず。和田と気心の知れたお笑い陣が盛り上げる。他にも和田と親交が深いタレントもゲストで参加予定だ。

 昨年6月のフェス構想時に「来ないやつは覚えてろ」と訴えた和田のハンパない思いを受け、オファーを“断れなかった”アーティストが集結。氣志團の綾小路翔(42)は「頂いた企画書に付着していたおびただしい量の血痕を見て、即座に出演の準備を始めた」と恐れおののき即決したことを明かした。

 和田は14年に「氣志團万博」に初参戦し、フェスへの思い入れを強くした。当初は「若者のお祭り」と参加に消極的だったが、年齢や性別に関係ない音楽の魅力を再確認。その後はサマーソニックをはじめ、仙台、熊本など全国各地でフェスに毎年出演してきた。

 9月5日に50周年トリビュートアルバム「アッコがおまかせ」を発売。今フェスは10月25日のデビュー丸50年を前に周年イヤー最後のライブになる。「最高のお祭りにしますので、ぜひ来てくださいね」と呼び掛けた。

 ○…鈴木雅之、AKB48と幅広いアーティストが和田のフェスに花を添える。昔から音楽番組で共演してきた鈴木は「ソウルシンガーとしてのボーカルとパフォーマンスは本当にパワフルでステキです。これからもその歌力でたくさんのファンを魅了し続けてください」。倖田來未は「芸能界を走り支え続けていらっしゃる和田アキ子さんの50周年を記念すべきイベントに出演させていただくことができて光栄です」。綾小路翔は「氣志團は、和田アキ子の兵隊みたいなもの。当日は命懸けのステージをお約束致します。学ランを来た鉄砲玉たちの華々しい散り際、とくとご覧下さい」と気合を入れた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ