フランスVのW杯決勝は15・5%の高視聴率 ベルギー快勝3決は11・3%

2018年7月17日10時33分  スポーツ報知
  • 表彰式で歓喜するフランス・イレブン(左はマクロン大統領)

 ◆W杯ロシア大会▽決勝 フランス4―2クロアチア(15日、モスクワ)

 15日にNHK総合で放送されたサッカーW杯ロシア大会決勝のフランス対クロアチア(後11時45分)の平均視聴率が15・5%だったことが17日、分かった。

 決勝は、FIFAランク7位のフランスが4―2で同20位のクロアチアを破り、自国開催の98年大会以来20年ぶり2度目の優勝を飾った。1―1で迎えた前半38分にMFグリズマンのPKで勝ち越すと、後半にはMFポグバ、エムバペが追加点を奪い、快勝した。決勝での4得点は70年メキシコ大会のブラジル以来48年ぶりで、2回目の優勝はアルゼンチン、ウルグアイに並び歴代4位タイとなった。

 また、14日にテレビ朝日系で放送されたベルギーとイングランドの3位決定戦(後10時40分)は平均視聴率11・3%をマーク。試合はベルギーが前半4分にムニエのゴールで先制。チーム得点者が10人に達し、W杯史上最多に並んだ。後半37分、E・アザールの今大会3ゴール目で突き放して勝利。史上4チーム目となる1大会6勝の快挙を成し遂げた。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能
注目トピック