石原まき子さん 裕次郎さん32回忌法要で「いまだに裕次郎の女房という誇りを持っております」「石原裕次郎の軌跡」展の開催を発表

2018年7月17日13時7分  スポーツ報知
  • 命日を迎えお墓参りをする(左から)神田正輝、石原まき子さん、舘ひろし

 昭和の名優・石原裕次郎さん(享年52)の32回忌法要が17日、横浜市の総持寺で行われ、まき子夫人(84)や舘ひろし(68)、神田正輝(67)ら石原軍団の俳優たち、ファン約600人が参列した。

 法要終了後、石原プロは全国各地で裕次郎さんゆかりの品々を展示する「石原裕次郎の軌跡」展の開催を発表した。8月22日が初日となる東京・松屋銀座(~9月3日)を皮切りに今後2年間で全国8か所を回る。

 展開会では、裕次郎さんがデビュー直後の1956年頃に購入し、晩年までハンドルを握り続けた愛車「メルセデスベンツ300SLガルウイング」など年8月に閉館した「石原裕次郎記念館」(北海道小樽市)の所蔵品を展示。さらに、裕次郎さんからまき子夫人に贈られた婚約指輪など記念のリング4点も初公開示される。

 まき子夫人は、婚約指輪を受け取った時の記憶を「私どもの時代は俳優同士の恋愛は御法度でしたが、裕次郎さんは『堂々と受け取ってほしい』と言ってくれました。60数年前は困難を極めることでしたが、押し通した第1号でした」と回想しながら「いまだに裕次郎の女房という誇りを持っております。52歳の裕次郎さんで止まっているけど、82歳の裕次郎さんも見たいと思います」と語った。

 偉大な先人に向け、舘は「人に対する思いやり、人の心の痛みを感じることができて、人の悪口を一切言わない人」と敬意を語りつつ「(展覧会終了後に)ガルウイングを頂けたら…」と素直な願望を激白。神田も「『明るい顔の出来る男になれ』と仰っていただきました」と感謝しつつ愛用品の時計「GMTロレックス」を譲り受けを希望したが、まき子夫人は「そうはいかない。ひろし君から、正輝ちゃんから土下座されてもダメです」とオチャメな言い方で拒否した。

 同日、裕次郎さんのヒット曲「夜霧よ今夜も有難う」のカバーでデビューした金児憲史(39)は「つないでいくことが目標です。10代、20代の人たちにも知ってほしいです」と誓った。

 呼吸器疾患で療養中の俳優・渡哲也(76)は欠席。舘は「一昨日、電話をしましたけど『出席できず悪いなあ』と申していました。リハビリを一生懸命やっております」と報告した。

芸能
注目トピック