武田真治、「ワダフェス」出演を熱望「その場で演奏したい!」

2018年7月17日13時54分  スポーツ報知
  • 文化放送の社長会見で生演奏を披露した武田真治と岡部磨知

 文化放送の上口宏社長の定例会見が17日、東京・港区の同局で開かれた。

 今回、来年8月3日に放送開始200回を迎える音楽情報生ワイド番組「楽器楽園~ガキパラ~for all music―lovers」(金曜・後10時)パーソナリティーの俳優・武田真治(45)と“美人過ぎるバイオリニスト”岡部磨知(34)がゲストとして登場した。

 サックスを持って登場した武田は「4年前から始まって、この8月で200回を迎えます。4年続くとは思わなかったけど、温かい番組を毎週お届けできている自負はあります。これからも10年、20年と続けていけたらいいなと思っています」と笑顔で話した。

 また、デビュー50周年を迎えた所属事務所ホリプロの先輩・和田アキ子(68)の初の主催フェス「WADA fes(ワダフェス)~断れなかった仲間達~」について聞かれると、「僕も、そのフェスに伺いたいと思っています」と出演を熱望。FNS音楽祭で和田が名曲「古い日記」を披露した際、サックス奏者として演奏した経験を持つ武田だけに「セットリストに入っているなら、(和田の)横で演奏したいですね」と笑顔で話していた。

 「ワダフェス」は東京・日本武道館で10月17、18日の2日間開催。年齢やジャンルを超えたアーティストとの共演で節目の一年を締めくくる。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)