小島慶四郎、体調不良で演舞場の松竹新喜劇公演を休演

2018年7月19日13時28分  スポーツ報知

 松竹新喜劇の名脇役として知られるベテラン俳優・小島慶四郎(85)が体調不良のため、東京・新橋演舞場で上演中の「松竹新喜劇70周年記念公演」(22日まで)を19日昼の部より休演する。

 関係者によると、小島は「腰の調子が悪く、ぎっくり腰のような症状が出ている。激しい痛みがあり、動きにくい状態」という。小島は「人生双六(すごろく)」「口上」に出演。代役は劇団代表の渋谷天外(63)がつとめる。症状の回復をみて復帰する。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)