木村文乃が石ノ森章太郎さん姉を演じる…セクゾ中島主演の24時間テレビドラマ

2018年7月22日6時0分  スポーツ報知
  • 石ノ森章太郎さんの半生を描いたドラマに出演する(左から)木村文乃、中島健人、仮面ライダー(C)石森プロ・東映

 日本テレビ系「24時間テレビ41 愛は地球を救う」(8月25、26日)内で放送されるドラマスペシャル「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」(25日・後9時ごろ)に女優の木村文乃(30)が出演することが21日、分かった。主演のSexy Zone・中島健人(24)が半生を演じる人気漫画家・石ノ森章太郎さんの姉役に決まった。

 「仮面ライダー」など数々の名作を残した石ノ森さんの一番の理解者で、創作への原動力となったのが、22歳の若さで死去した姉の由恵(よしえ)さんだった。「トキワ荘のマドンナ」とも呼ばれた由恵さん。木村は「こんな大役を『24時間テレビ』という歴史のある番組で、自分が演じて大丈夫かな、自分で務まるのかなと不安もあります」と重圧を感じつつも「同年代の女性の方が番組を見てくださった時に、こんなふうに人を支えられる人になりたい、と思っていただけたらいいな」と意気込む。

 木村と初共演となる中島は「今も正直、可憐(かれん)で木村さんの目が見られない」と照れ笑い。撮影はすでに始まっており「由恵さんとの関係性が、日を追うごとに濃密になっていくと思いますので、石ノ森さんの人生全体を把握しながら、楽しんで元気に演じたい」と力を込めた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)