竹内涼真「役柄同様、成長した姿見せる」…TBS系ドラマ「下町ロケット」続編に出演決定

2018年8月10日4時0分  スポーツ報知
  • ドラマ「下町ロケット」相関図

 俳優の竹内涼真(25)と女優の土屋太鳳(23)が、10月期のTBS系連続ドラマ「下町ロケット」(日曜・後9時)に出演することが9日、分かった。2015年に放送された人気ドラマ「下町ロケット」の続編で、町工場「佃製作所」の社長・佃航平を演じる主演・阿部寛(54)をはじめ、前作のキャスト陣が再結集する。

 原作は、池井戸潤氏の小説「下町ロケット」シリーズの第3弾「下町ロケット ゴースト」。主力商品であるロケットエンジン用バルブシステムの納入先である大企業・帝国重工の業績悪化などで再び窮地に立たされる佃製作所が、逆境に立ち向かうさまを描く。

 前作から佃製作所技術開発部の若手エースに成長した立花洋介役の竹内は、17年10月期「陸王」、今年4月期「ブラックペアン」と日曜劇場枠4作目の出演。「3年前の現場は日々緊張の連続でした。ですが、今回は堂々とカメラの前に立ち、役柄同様成長した姿をお見せしたい」と意気込んだ。

 帝国重工に勤めロケット開発に携わる佃の一人娘・利菜を演じる土屋は、「ワクワクさせていただく機会にもう一度出会えていることが本当にうれしい。学びつつ恩返しをしたい」とコメントした。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ