みやぞん、放送前スタート…24時間テレビ初のトライアスロン成功へ“ANZEN”策

2018年8月10日6時0分  スポーツ報知
  • リーゼントを封印し、サラサラヘアで山道を走る、みやぞん
  • 必死な表情で自転車をこぐ
  • プールでスイムの練習

 日本テレビ系特番「24時間テレビ41 愛は地球を救う」(25、26日)で史上初のトライアスロンに挑むお笑いコンビ「ANZEN漫才」・みやぞん(33)が9日、神奈川県大磯町でランの練習を公開した。

 台風一過の炎天下。山道を駆けるみやぞんの髪はフワッ、フワッと風にそよいだ。最高気温33度超の酷暑の中で6時間40分、約38キロを走破。ゴール後は、サラサラヘアに冷水をかけて呼吸を整えた。

 普段はガチガチに固めたリーゼントがトレードマーク。お茶の間も慣れ親しんだツッパリスタイルだが、今回は封印する。「最後のランはリーゼントでいこうと思ってたんですけど、バイクからランまでの時間が短いので…。セットに40分かかるんですよ。整髪料が汗で溶けて目に入ることも考えられますし、ゴールすることだけ考えて、セットするより休憩したいです」。代名詞をかなぐり捨てての完走を目指す。

 初のトライアスロンということもあり、24時間の放送枠内に収まらないチャレンジとなる。まずスイムを25日正午の情報番組「メレンゲの気持ち」内でスタート。直前番組(時間未定)でバイクに移行し、午後6時半の放送スタート後にランに挑む。それぞれの距離は未発表だが、放送開始前のスタートは1995年に間寛平(69)が1週間をかけて600キロを完走した時以来23年ぶり2度目だ。

 6月中旬から始めた練習は計14日間に及び、ランの総距離は164キロに達している。「いろんな人が人生を変えてくれました。でも、感謝の気持ちで走り切ったら、また人生変わってる可能性があります!」。今年のテーマ「人生を変えてくれた人」を胸に挑むことになる。

 92年の第1回マラソンから携わっている坂本雄次トレーナー(70)は「(助言の)のみ込みはトップクラス。言われたとおりにできるのはセンスとポテンシャルがあること」と絶賛している。

 ◆間寛平の600キロマラソン 1995年8月放送の「24時間テレビ」では、同年1月に発生した阪神・淡路大震災で兵庫県宝塚市の自宅が倒壊した間寛平(当時46)が被災地を励ますため、神戸から東京までの約600キロを7日間かけて走破した。チャリティーマラソン史上、放送開始前にスタートした唯一の例。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)