マジプリ最新シングル「SUMMER LOVE」がゴールドディスク認定

2018年8月10日7時0分  スポーツ報知
  • 7枚目のシングル「SUMMER LOVE」が日本レコード協会のゴールドディスクに認定された「MAG!C PRINCE」。シングルのジャケット写真

東海地区を拠点に活動する5人組グループ「MAG!C☆PRINCE」の7枚目のシングル「SUMMER LOVE」が、日本レコード協会のゴールドディスクに認定されたことが10日、発表された。

 ゴールドディスクは、シングルCD10万枚を売り上げるか、出荷された楽曲に対して与えられるもの。前シングル「Best My Friend」に続く、2作連続の認定になる。

 リーダーの平野泰新(23)は「前作に続き、ゴールドディスク認定をいただけました。2作連続で認定していただけたのも、応援してくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございます。これを機に、もっとたくさんの方に知っていただけるよう頑張っていきます」

 永田薫(21)は「2作連続でいただけて本当にうれしいです。これまで応援してくださったファンの皆さんの力添えがあったからこその結果だと思います。これからも応援をよろしくお願いします」

 大城光(23)は「2作連続という結果に、うれしさと感謝の気持ちでいっぱいです。支えてくださるファンの皆様が徐々に増えていることも実感できる、このゴールドディスク認定。今回のようなステキな結果がいただけるように頑張っていきたいです」

 西岡健吾(20)は「こんなにも、たくさんマジプリのCDが世に出回っているんだ、たくさんの人に聴いていただけているんだ、ということを実感できてとってもうれしいです。これからの自信にもつながっています。応援してくださる、聴いてくださる皆さんのおかげです。次もゴールドディスクを目指して頑張ります。いつかは、それよりも上のプラチナディスク、ミリオンも取れるようになりたいです」

 阿部周平(20)は「2作連続のゴールドディスク認定は、さらにアツいですね。応援してくださった皆さんのおかげです。引き続き頑張っていきます。応援よろしくお願いします」

 5人は、12月23日に東海地区最大規模のコンサート会場となる愛知・日本ガイシホールで単独公演を行う。

芸能
注目トピック