AKBじゃんけん大会 4年ぶり都内で開催

2018年8月13日9時39分  スポーツ報知
  • 2017年AKBユニットじゃんけん大会、新女王となったな「fairy w!nk」の運上弘菜、荒巻美咲と指原莉乃

 9月23日に開催される「AKB48グループユニットじゃんけん大会」の会場が、東京・蒲田にある日本工学院専門学校の片柳アリーナに決まったことが12日、発表された。2014年の日本武道館以来、4年ぶりの都内となる。

 会場は4000人を収容。場所は都内のターミナル駅そば。関係者は「交通アクセスを優先し、過去に実施したことのない会場を選びかました」と説明した。地下で開催されるのは初めて。関係者によると「国内最大級の地下ホール」という。

 大会は昨年に続きソロまたはユニットで争う形式。12日に予選が終了し、注目の指原莉乃(25)率いる「私立指原中学」や総監督の横山由依(25)と小栗有以(16)の「ゆいゆいはん」は敗退。本戦には48組が出場する。

 選抜総選挙2位のSKE48・須田亜香里(26)は「今回、本戦出場ユニットは若手や研究生など、まだメディアに出る機会が少ないメンバーばかりですが、それで見ない、行かないのではなく、メンバーの個性がすごく出るイベントだからこそ、キャラクターやコスチュームに注目して来てもらえたらうれしいです。(ファンの方々に)今回のじゃんけん大会で新しい推しメンを見つけてもらい、数年後、人気になるメンバーがこの大会から出たらファンの人は、昔から応援してたよって言えるイベントになるんじゃないかなと思います」とコメントした。

芸能
注目トピック