佐野岳が謎の男

2018年8月14日6時0分  スポーツ報知
  • フジ系ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の第5話から島岡光役で登場する佐野岳

 フジテレビ系ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(火曜・後9時)の14日放送の第5話から、「仮面ライダー鎧武(ガイム)」で主演した俳優・佐野岳(26)が、生活保護を申請する謎の男の役で出演する。

 新人ケースワーカー・義経えみる(吉岡里帆)の成長を描くヒューマンドラマ。佐野が演じる島岡光は、うつ病であるということ以外は何も話さず、親族による援助が可能かどうかを確認する「扶養照会」も頑なに拒否するという設定。えみるの職場内での見解の違いによる対立も含め、サスペンス要素も盛られた展開となる。

 出演に際して佐野は「すごく挑戦的なドラマ。難しい題材をポップに、そして丁寧に描いている作品だと思っています。しっかり役を全うしなければという強い責任を感じました」。物語の展開について「愛がある故に問題が起こる家族のお話。家族というつながりが鎖になるのか、絆になるのか、自分でも改めて家族とは何かを考えさせられた」とコメントした。

 主演の吉岡とは、同い年で初共演。「『難しい役かもしれませんが、頑張ってくださいね!』と声をかけてもらって、とてもうれしかったです。そういう真っすぐな部分がえみるにピッタリだし、面と向かって言ってくれる方はなかなかいないので、心から頑張ろうと思えました。まさに主役として現場を引っ張っていらっしゃった。本当にステキな方だなって思います」と吉岡の“座長”ぶりを明かした。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)