沢村一樹主演の月9「絶対零度~」第6話視聴率は10・6%!4回連続2ケタ

2018年8月14日9時1分  スポーツ報知
  • ドラマ「絶対零度」の会見に出席した(前列左から)本田翼、沢村一樹(後方同)平田満、伊藤淳史

 13日に放送された沢村一樹(51)主演のフジテレビ系「月9」ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(月曜・後9時)第6話の平均視聴率が10・6%だったことが14日分かった。前回の10・4%から0・2ポイントのアップで4回連続の2ケタ記録となった。

 「絶対零度~」は初回10・6%を記録。「月9」の初回視聴率2ケタ超えは昨年7月期の「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」の16・8%以来、4作ぶりだった。第4話では11・7%の最高視聴率を記録している。

 未来の犯罪を予測して捜査する「ミハン(未然犯罪潜入捜査班)」の活躍を描く物語で2010、11年に上戸彩(32)主演で新米女性刑事の活躍を描いた「絶対零度」シリーズの最新作。今回、「月9」初主演となる沢村を主人公に据え、7年ぶりに復活。未然に犯罪を防ぐ捜査チーム“ミハン”のメンバとして関ジャニ∞の横山裕(37)、本田翼(26)が出演。上戸も特別出演した。

 物語が急展開を見せた今回は“ミハン”の主要メンバーの1人が突然の死を迎え、SNS上などでも大きな反響を呼んだ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)