太田光代社長、裏口入学疑惑報じた新潮社に怒り爆発「作家をバカバカ扱いするように仕向けたのは誰?」

2018年8月14日11時51分  スポーツ報知
  • タイタンの太田光代社長

 お笑いコンビ・爆笑問題の太田光(53)の妻で所属事務所・タイタンの社長を務める光代夫人(54)が13日夜、自身のツイッターを更新。8日発売の「週刊新潮」に掲載された光の日大芸術学部への裏口入学疑惑について「新潮社に協力こそしてきたけど、こんな仕打ちに合うと思ってなかった!」などと改めて怒りをぶちまけた。

 同誌は太田の父が裏口入学のネットワークに頼み込み、対価も支払ったと報道。光代社長は8日のツイッターで「訴えます!民事と刑事両方で。訴えます。残念ながら訴えます」と訴訟を起こす方針を明かしていた。

 この日は太田の父の遺影と位牌の写真とともに「ここに手を合わせられないのは誰?」「顔向けが出来ないなら、説明してよ。週刊新潮の誰か」と切り出し、「火のないところに煙立たすヤツ。誰。裁判が民主主義の根源でしょう。日本は民主主義のもと、成り立っている国でしょう」「随分と自信を持っていらして5ページ。日曜日、2時間以上説明したのは記事に全く反映しなかった。調べてもくれなかった」と記事への不信感をあらわにした。

 さらに「週刊新潮は誰に掴まされたかを聞きたいの。だから公の裁判を私がするの」とヒートアップ。光の短編小説集「マボロシの鳥」や長編小説「文明の子」は新潮社から出版されており、「仲良くしてたはず。新潮社。作家をバカバカ扱いするように仕向けたのは誰?教えてよ」「裏口入学ネットワークが一番興味あるからそこ調べなよ。バカ!」「弊社の書籍担当は痛風になったわ」「弊社は、新潮社に協力こそしてきたけど、こんな仕打ちに合うと思ってなかった!分かって」と連続ツイートで訴えていた。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)