最上もが、所属事務所と契約終了後初の公の場「孤独ってこれだな」

2018年8月15日14時51分  スポーツ報知
  • 「ぺちゃくちゃ書店 渋谷店」の1日店長を務めた最上もが

 アイドルグループ「でんぱ組.inc」の元メンバーでタレントの最上もが(29)が15日、東京・渋谷のBOOK LAB TOKYOで行われた「ぺちゃくちゃ書店 渋谷店」の1日店長に就任した。

 最上は昨年8月にグループを脱退し今月5日、所属事務所・ディアステージとの専属マネジメント契約が終了。公式サイトで「グループ脱退後一年という節目を迎え、お世話になった事務所とのマネジメント契約を円満に解除させて頂くことになりました」と報告していた。

 この日は、個人事務所で活動を開始してから初の公の場となり、「今は考える時間が増えて孤独ってこれだなと分かった」と心境を明かした。また、グループ時代について「いっぱいいっぱいだった」といい、「毎日休みがなくて突っ走るしかなかった。現場で寝ないようにしようと意識していた」と振り返った。

 同店は電子書籍サービス「ブックパス」の一日限定でオープンしたリアル店舗。一日店長を務めた最上はピンクのエプロンを着て登場し、「本屋でいつか働きたいと思っていた」と喜んだ。漫画のポップ作りも依頼されたが、「あまりにも字が下手なので今回は断りました。CD屋さんでもポップを書くけど、グループ時代はみんなで寄せ書き風に書いてごまかしていた」と話した。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)