樹木希林 大腿骨骨折で緊急手術 出演予定のNHK生特番に電話出演

2018年8月16日19時28分  スポーツ報知
  • 大腿骨骨折で手術していたことが分かった樹木希林

 女優の樹木希林(75)が、大腿骨骨折のため15日に緊急手術していたことが16日、分かった。同日NHK・BSプレミアムの「大中継! にっぽんのお盆」(後6時)の放送中に明かされた。

 同番組は京都・五山送り火など日本の各地“お盆送り”を生中継する番組で、樹木はゲスト出演する予定だった。京都から中継される番組の冒頭で、女優の吉岡里帆(25)が「お会いしたかった方いるのですが…お電話で中継させていただきます」と樹木を紹介。電話口で樹木が「本当はあなたみたいにキレイな着物を着たかったんだけど、うっかりあちらに送られる側になるところでした」と語ると、吉岡は「まだ(天国には)行かせませんよ。ゆっくり安静にお過ごし下さい」と体調をおもんぱかった。

 さらに、進行役の武内陶子アナウンサー(53)が改めて樹木の病状を説明した。「3日前に大腿骨を骨折なさいまして、出演ができなくなりました」と報告すると、樹木も「ポキッと折れるんですね」と、か細い声で応答。「でも、私が行くと大雨になるから。徳がない人間ですからね」と、13年にゲスト出演した隅田川花火大会がゲリラ豪雨で中止になったことを引き合いに出し「どうぞ送り火で魂を鎮めていただいてほしい」と呼びかけた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)