須田亜香里は“鬼軍曹”化している? ミス繰り返すメンバーに「真顔で注意する」

2018年8月19日12時26分  スポーツ報知
  • 須田亜香里

 SKE48・須田亜香里(26)が19日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)に生出演し、後輩やメンバーに厳しい指導をすることを明かした。

 番組では、体操コーチ・速見佑斗氏(34)が、リオ五輪女子団体4位入賞に貢献した宮川紗江(18)に対し、練習中に暴力をふるったというパワハラ騒動を特集。速見氏は、宮川に対し1時間以上立たせて説教をしたり、髪を引っ張り馬乗りになるなどをしたという。

 その話題を受けて須田は「鬼軍曹と呼ばれている48グループの振付師の方がいる。その先生はレッスン中でもミスを許さなかったり、一瞬の集中力も切らしちゃいけないという緊張感がすごくて」と口を開き、「厳しいけど、私たちの可能性を引き出すために一生懸命やってくれています。すごく感謝しています」と語った。

 その上で「私にもその考えが根付いてきたのか、何度もミスをおかす後輩たちとかメンバーに『前も言ったよね』と真顔で注意することが多くなってきました」と明かした。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)