満島真之介、2歳の頃に初めて家出したと告白「生きててよかった~」

2018年9月8日14時32分  スポーツ報知
  • 舞台あいさつに出席した満島真之介(左)、横山だいすけ

俳優の満島真之介(29)が8日、都内でNHK・Eテレの人気子ども番組の劇場版「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」の公開記念舞台あいさつに出席した。

 映画はアニメと実写パートで構成され、満島は実写パートに謎のお殿様で出演。アニメパートに出演した横山だいすけ(35)と対面し、「だいすけお兄さんの歌声と一緒に踊ってた。すげぇ、うれしい。たまらない。お尻から汗かいてます!」と大感激して抱擁した。

 満島は俳優デビュー前の18歳の頃から約6年間にわたって学童保育で働き、横山が歌う同番組の楽曲を歌い踊ってきた。ステージでは横山とともにチビッコが詰めかけた客席へ「みんな、元気~?」と同番組おなじみの呼び掛けを披露し、「夢がかなったよ~。もう帰るよ~」と大興奮の様子だった。

 忘れられない大冒険について聞かれた満島は、2歳の頃に初めて家出をしたことを告白。「夜に1歳の妹(モデル・満島みなみ)に親が集中している間に、僕は1人で生きていくと思ったのか家を出ちゃって片側2車線の道路の真ん中を歩いてたみたいで、知り合いの人が助けてくれた。家から数100メートル行っちゃってたので、生きててよかった~」と笑わせた。

 このほか、タレント・関根麻里(33)、T.M.Revolutionの西川貴教(47)らが出席した。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)