岡田結実「やったるぞ」と女優宣言「男性の役もやりたい」

2018年9月12日13時21分  スポーツ報知
  • お披露目会に登場した(左から)岡田結実、宮本茉由、玉田志織

 大手芸能事務所「オスカープロモーション」に所属するタレントの岡田結実(18)、モデルの宮本茉由(23)、玉田志織(16)が12日、東京・キャピトル東急ホテルで「『女優宣言』お披露目記者発表会」に出席した。

 同事務所が「絶対に伸びる」とプッシュする3人が、本格的に女優として活動していくことを宣言。これまでに米倉涼子(43)らがモデルから女優宣言し、成功を収めている。

 すでにバラエティー番組に引っ張りだこの岡田は「(2年前に)オスカーに入った時、いつかこの舞台に立ってやるって思ってました。まだ雲の上にいるような気持ち。やったるぞって思ってます。男装が好きなので、男性の役もやりたい」とやる気全開。2016年の「ミス美しい20代コンテスト」で審査員特別賞を獲得して芸能界入りした宮本は「私は20歳まで普通の大学生でした。20代からでも努力すれば夢は叶うと思います」と笑顔を見せた。

 昨年の全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を獲得した玉田は「元気や笑顔を届けられる太陽のような女優さんになれたら」と抱負を語った。

 この日は事務所の先輩の菊川怜(40)、河北麻友子(26)、田中道子(29)が激励に駆けつけた。菊川は「私が女優宣言したのはもう18年前。玉田さんは生まれてない。不思議な感じがしています」と苦笑いを浮かべながら「失敗をおそれずに。失敗も糧になる」とアドバイスを送っていた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)