半月板損傷で手術の片岡鶴太郎、ファンに感謝「また元気に俳優、画家、ヨーギーとして」

2018年9月12日19時46分  スポーツ報知
  • 片岡鶴太郎

 左膝の半月板損傷のため手術することを明かしたタレントの片岡鶴太郎(63)が12日、自身のブログを更新。ファンからのメッセージに感謝した。

 「左膝半月板手術に関して、沢山の温かな愛ある励ましのメッセージを頂き、心より感謝申し上げます。早朝にメッセージを読みながら、胸が熱く込み上げました。私には、素敵なファンの方々が応援して下さっているのだなぁ~と、改めて皆様に感謝の念を強く致しました」と感謝の言葉をつづった鶴太郎。

 また、インド政府公認の「プロフェッショナルヨガ検定インストラクター」に合格するなどヨガを極めているだけに「手術を成功させ、リハビリに努め、又元気に俳優として、画家として、ヨーギーとして、芸人として皆様に御喜び頂ける様、努めて参ります」と決意を記した。

 鶴太郎は撮影中の不注意で左膝を負傷。診断の結果を「半月板損傷。手術が必要となりました」とブログで11日に報告。ファンからは「お大事にしてください」「手術が無事終わり回復することを願っています」などの声が寄せられている。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)