タッキー、プロデューサー専念で年内引退…ジャニー社長は兼任案も「僕なりの決断」

2018年9月13日4時0分  スポーツ報知
  • タッキー&翼

 「タッキー&翼」の滝沢秀明(36)が、年内で芸能活動を引退することが12日、分かった。ユニットはデビュー15周年の昨年9月から活動休止中で、今月10日付で解散した。引退後は、所属するジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(86)のそばで学んできたタレント育成や舞台、コンサートのプロデュース業に専念。この日、スポーツ報知などの取材に応じた滝沢は、ジャニー氏からサポートの提案を受けたことを明かした上で「本気でやる」と“専業”への思いを語った。今井翼(36)は近く事務所を退社し、新たな一歩を踏み出す。

 ◆ジャニーさんに対して、人生をささげたい

 タッキーの愛称で親しまれてきた滝沢が「引退」という一大決心を下した。「ジャニーさんから『後輩たちのフォロー、育成してもいいんじゃないか』という言葉を頂いた。僕としては、やるからには本気で。片手間になって、自分の活動が手薄になるのもファンに失礼だし、後輩にも失礼。僕なりの決断」と強い覚悟を明かした。

 急転の決断だった。ユニットは、活動休止から1年が経過。今後を考える中で、8月中旬にジャニー氏から自身をサポートする提案を受けた。提案は“プレーイングマネジャー”という形だったが「ジャニーさんが、全タレントに対して人生をささげてきた経緯を見てきた。ここからはジャニーさんに対して、人生をささげたいと思った。今までも、後輩の育成をやってきたのはやってきたけど、今回を機に―と、強く変わった」と“専業”で裏方に徹することを決めた。

 ユニットはお互い、それぞれの道を歩むことを決意し、10日付で解散。今井も3月にメニエール病が再発し、活動に影響を及ぼした責任から一つのケジメとして考えていたことだった。お互いが戻る場所をなくすことを決めた中、滝沢は「まだガッツある年齢。パワーがあるうちに次のステップを踏むのは一つの手段なのかな」。30代も半ばを過ぎた今だからこその決断だった。

 ◆グループ会社でスターを作る

 一部では、ジャニー氏の「後継者」として会社を受け継ぐとも報じられたが「経営はできない」と、あくまでプロデューサーとしてのイズムを受け継ぐ。タレントとしては年内で事務所退社となる。その後については「(事務所から)頂いている話は、グループ会社を作って、ジャニーズの全グループ会社と一致団結してJr.や今後のスターたちを作り上げる」。ジャニー氏といえば、グループ名や公演名のネーミングセンスが独特。「そこは任せようかな。(いずれは?)それまでに100個、200個ストックを作っておこうかな」と笑った。

 今回の決断について「想像もしていなかった」と自身でも驚きを隠せない。「(ジャニー氏から)『今回のこと(引退)を悲しい出来事にしたら、ユーは負けだよ』と。チャンスって本当に、その瞬間に来ると思う。(“ジャニー語録”で有名な)『ユー、やっちゃいなよ』というのは、その時やらなかったことを後悔するということ。僕は『ユー』とは言わないですけど、思いを継承したい」。強い覚悟で、第二の人生へと足を踏み入れる。

 ◆滝沢 秀明(たきざわ・ひであき)1982年3月29日、東京都生まれ。36歳。95年に13歳で入所。主な主演ドラマにTBS系「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」、フジ系「アンティーク~西洋骨董洋菓子店」など。近年は火山探検家としても活動。血液型A。

ジャニーズ
芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)