プロデューサー・滝沢秀明、来春デビューへ…年末ディナーショーでタレント業に幕

2018年9月13日5時0分  スポーツ報知
  • タッキー&翼

 「タッキー&翼」の滝沢秀明(36)が、年内で芸能活動を引退することが12日、分かった。ユニットはデビュー15周年の昨年9月から活動休止中で、今月10日付で解散した。引退後は、所属するジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(86)のそばで学んできたタレント育成や舞台、コンサートのプロデュース業に専念。この日、スポーツ報知などの取材に応じた滝沢は、ジャニー氏からサポートの提案を受けたことを明かした上で「本気でやる」と“専業”への思いを語った。今井翼(36)は近く事務所を退社し、新たな一歩を踏み出す。

 タレント・滝沢秀明としては、一昨年から年末に開催してきたディナーショーがラストステージとなる。現時点で今年の開催は未発表ながら「ディナーショーはやりたい。そのステージが(タレントの)滝沢秀明としては最後だと思う。限られたファンの方たちの前にはなってしまいますが、そこで最後の自分を見せられれば」と思いをはせた。

 また、06年から毎春に東京・新橋演舞場で「滝沢歌舞伎」を上演してきた。同作はジャニー氏が企画・構成・総合演出の舞台だが、10年からは滝沢も演出を手掛けてきた。年内いっぱいで引退。来春の同所での公演については「僕が演出する舞台ができれば」と明かし、プロデューサー・滝沢としての本格デビュー作となる見込みだ。

ジャニーズ
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)