入所半年でドラマ主演、当時の概念壊したカリスマ…滝沢秀明という男

2018年9月13日5時0分  スポーツ報知
  • タッキー&翼

 「タッキー&翼」の解散を経て、年内でタレント業を引退しプロデュース業に専念する滝沢秀明(36)は「ジャニーズアイドル」の枠からはみ出した、異質なアイドルだ。

 入所から約半年でいきなりドラマの主演に抜てき。それまで、デビュー組の陰に隠れた「研修生」の立ち位置だったジャニーズJr.でありながら、ドラマ主演やドーム公演、Jr.の冠番組MCなど次々に大役が舞い込み、そのすべてを完璧にこなした。グループとしてデビューすることがジャニーズのサクセスストーリーとされていた当時の概念をぶっ壊したカリスマだった。

 生来リーダー気質ではなかったというが、Jr.のトップを任されたことで、まとめ役として開眼。厳しくも優しいアドバイスを授け、後輩から慕われる存在に成長していった。プライベートではフットワークが軽く、大工仕事は大の得意。東日本大震災などの災害の被災地にお忍びで足を運んでは、黙々とボランティアに励む作業も目撃されている。

 世界の秘境を旅することもライフワーク。とりわけ火山研究家として功績を残しており、今年2月には、鹿児島県・薩摩半島沖の海底火山「鬼界カルデラ」にあった世界最大規模の溶岩ドーム発見に貢献。最新の科学雑誌に研究者として論文を寄せている。

 思い立ったらすぐ行動の滝沢だけに、今回の決断も自身にとっての「冒険」であると受け止めたのかもしれない。

ジャニーズ
芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)