タッキーに受け継がれるジャニー氏の手腕…フライングに“Jr.マンション”ど派手演出

2018年9月13日5時0分  スポーツ報知

 「タッキー&翼」の解散を経て、年内でタレント業を引退しプロデュース業に専念する滝沢秀明(36)と、事務所社長のジャニー喜多川氏(86)の間には強い絆があった。滝沢はJr.時代から、ジャニー氏の帝王学を最も近いところで見つめてきた最大の理解者。二足のわらじではなく、教えを後進に伝えることが、滝沢の人生の最終目標となっていった。

 ジャニー氏の類いまれなプロデュース手腕は、ギネス世界記録にも認定されている。「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」など3つの記録を持つ。演出家としては、故・蜷川幸雄氏が東京五輪開催が決まった際に「俺より年上だけど、多くの人数を使った華やかな演出はたけていると思う」と“推薦”したほど。

 ジャニーズ勢のコンサートや舞台では、あっと驚く演出が満載だ。堂本光一主演の「Endless SHOCK」などで行われるフライング。大勢のメンバーが縦横に何列にも重なったボックス内で一気にダンスする“Jr.マンション”は名物だ。イリュージョン、アクションなども、ラスベガスをはじめとする海外のショーを参考に自らアイデアを加えたものが、ど派手に展開される。

ジャニーズ
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ