KAT―TUN、タキツバに感謝“生意気”Jr.時代に金言「そのままでいいんじゃない?」

2018年9月15日6時3分  スポーツ報知
  • KAT-TUN

 KAT―TUNが14日、横浜アリーナで4年ぶりの全国ツアー(8か所23公演)の同所4日間6公演をスタートさせた。公演前に本紙などの取材に応じ、亀梨和也(32)は、ジャニーズ事務所の先輩の滝沢秀明(36)と今井翼(36)のユニット「タッキー&翼」の解散について「Jr.時代、相当お世話になった。さみしいというのが正直。僕たち世代は特に引っ張ってもらった。でも、今後2人が示した選択は楽しみだし、期待もある」と語った。

 Jr.時代の04年にタイ公演に帯同するなど、つながりは深い。上田竜也(34)は惜しむ思いとともに「Jr.で生意気だった頃から、滝沢くんと翼くんは『お前ら、そのままでいいんじゃない?』と言ってくれた」と感謝した。滝沢は芸能界を引退してプロデュース業に専念し、今井は事務所を退社して新たな一歩を踏み出す。中丸雄一(35)は「ジャニー(喜多川)さんの50年以上のノウハウと滝沢くんのセンスがどう交ざるのか楽しみ」と話した。

 KAT―TUNは約2年の充電期間を経て今年4月の東京ドーム公演から本格再始動。復活ツアーのステージで25曲を披露して、昼夜計3万人を魅了した。

ジャニーズ
芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)