“小室ファミリー”だった篠原涼子、安室に「また何かで望みを」期待込めて祝福 

2018年9月16日15時43分  スポーツ報知
  • ファンの声援に応える篠原涼子(左)、広瀬すず

女優・篠原涼子(45)、広瀬すず(20)が16日、東京・TOHOシネマズ日比谷で出演映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(大根仁監督)のヒット御礼舞台あいさつを行った。

 今作は芸能界を引退した音楽プロデューサー小室哲哉氏(59)が音楽を担当。篠原は1990年代、小室プロデュースでシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」がセールス200万枚を突破する大ヒットを記録したが、当時同じ“小室ファミリー”でこの日で引退する安室奈美恵(40)にもメッセージ。「人として優れた人になられたと思う。また何か、届ける機会があれば、という望みを込めてお祝いしたい」と祝福した。

 篠原は安室からスーパーで突然、声を掛けられたエピソードも披露。「芸能人が行きそうなスーパーでしたが、『涼子さん、涼子さん』と声をかけてくださった。『ドラマ見てます』と。広い心で人間力が伝わってきた」と話した。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)