浅田美代子、樹木希林さんは「母であり、姉であり、親友」「気丈で立派だった」

2018年9月18日6時0分  スポーツ報知
  • 樹木希林さんの出棺に手を合わせる(左から)伽羅、玄兎君、浅田美代子、本木雅弘、雅樂(カメラ・小泉 洋樹)
  • 樹木さん自宅前で取材に応じた浅田美代子

 15日に死去した女優の樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子)さん(享年75)の密葬が17日、都内の斎場で営まれ、夫でミュージシャンの内田裕也(78)、長女の女優・内田也哉子(42)、娘婿の俳優・本木雅弘(52)ら親族ら約30人が参列した。友人として参列した女優・浅田美代子(62)は「母であり、姉であり、親友のような人でした」と故人をしのんだ。

 白い棺(ひつぎ)を支えて樹木さん宅の自宅玄関を出た本木は、霊きゅう車の後部へと静かに運び入れた。也哉子は悲しみに満ちた表情で助手席に乗り込む。手にした位牌(いはい)には「希鏡啓心大姉位」の戒名。「希林」の「希」と本名「啓子」の「啓」の文字が入っていた。

 午後1時39分、棺を乗せた車が自宅前を出ると、本木は長男でモデルの雅樂(うた、20)、長女で女優の伽羅(きゃら、19)、次男の玄兎(げんと、8)君と手を合わせた後、報道陣に向かって深々と一礼した。

 関係者によると、密葬は近親者約30人のみで営まれた。本木のスケジュールなどの都合で30日となった光林寺(東京都港区)での本葬の場で、本木ら遺族は故人について語る意向だ。喪主は也哉子が務める。

 自らのデビュー作だったTBS系ドラマ「時間ですよ」出演時の1973年から半世紀近い親交があった浅田は「母であり、姉であり、親友でもある人です」と語った。亡くなる約1か月前から入院先の病院を毎日のように訪問したと明かし、「身をもって、死と向き合うということを教えてくれたんだなと思います。車いすに座れる状態じゃないのに歩行器を用意しろ、なんて…すごく頑張ってた。気丈で立派だったと思います」。

 14日午後に自宅に戻った際も一緒にいた。「ぶどうを口に含んで『おいしいね』って、うれしそうな笑顔で。その日(15日未明)になっちゃう(=亡くなってしまう)なんて…」

 棺に入る直前まで、遺体のそばにいた。「眠っているような安らかな表情でした。あちらに行っても知り合いの皆さんに声を掛けられて『ああ、こっちに来ても忙しいのね』って言っている気がします。(「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などを演出した)久世(光彦)さんも、(「寺内―」などで共演した)加藤治子さんも(西城)秀樹も森繁(久彌)さんもいるから、さみしくないかなと思います」

 浅田も参列した密葬で樹木さんが荼毘(だび)に付された時、也哉子の目から涙がこぼれ落ちた。本木は妻を支えるように気丈に振る舞っていたという。樹木さんの遺骨は午後4時31分、自宅へと戻った。

 ◆「時間ですよ」 1965年に単発ドラマ、70年代に久世光彦さんの演出でシリーズ化したTBS系ドラマ。主演・森光子さん演じる銭湯のおかみさんを中心に、東京・下町の個性豊かな人々がコミカルに描かれた。お茶の間に女湯を初めて登場させ、ヌードシーンは番組の名物となり高視聴率を記録した。主な出演者は堺正章、悠木千帆(後の樹木希林さん)、浅田美代子、天地真理ら。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)