松本人志が新番組を発表、前代未聞のバラエティ企画に「王様の遊びかと思った」

2018年9月19日17時10分  スポーツ報知
  • アマゾンオリジナル番組「FREEZE」発表会見に出席した(前列左から)鈴木奈々、ダイヤモンド☆ユカイ、松本人志、諸星和己、岩尾望(後列左から)クロちゃん、ボビー・オロゴン、しずちゃん

 ダウンタウン・松本人志(54)が19日、東京・六本木ヒルズで、自身が手がけるAmazon Prime Video新番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE(フリーズ)」の配信記念記者発表会に出席した。

 Amazon ランキング大賞のPrime Video 総合部門で常に上位にランクインする人気シリーズ「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」に続くシリーズ。出演者を襲う数々の仕掛けに、動かずに耐え抜いた者が優勝し、賞金100万円を獲得する企画だ。“動いてはいけない”革命的バラエティ番組に関し「そぎ落としたらこれになった」と手応えを明かした。

 元「光GENJI」の諸星和己(48)は出演した感想を聞かれると、「柔らかく言って松本さんの行きすぎたいたずら。悪く言うと松本さんのパワハラ。第三者委員会に委ねます」。番組の過酷さを訴え、笑いを誘った。松本は「確かに本当に審議されたらアウト。これが王様の遊びかと思った」と、かなり厳しい演出を認めた。

 今後の展開について聞かれると「FREEZEはいろんなジャンルの人に出てもらえる。芸人少なめで行きたい。(この番組は)言葉はいらない。外国の方を出演させるのもいいかも」と提案。「笑いの最先端というか、誰もやってないことをやっているので、1回は見てほしい」と自信ありげに語った。

 他にもイベントにはフットボールアワー・岩尾望(42)、安田大サーカス・クロちゃん(41)、南海キャンディーズ・しずちゃん(39)、タレントの鈴木奈々(30)、歌手のダイアモンド☆ユカイ(56)、タレントのボビー・オロゴン(45)が参加した。

芸能
注目トピック