佐藤健、主演映画「億男」をPR「ダサ面白い」男を演じる

2018年9月20日19時50分  スポーツ報知
  • 完成披露試写会に出席した(左から)佐藤健、高橋一生、藤原竜也

俳優の佐藤健(29)が20日、都内で行われた主演映画「億男」(10月19日公開、大友啓史監督・脚本)の完成披露試写会に出席した。

 「告白」「君の名は。」などを企画・プロデュースした川村元気氏の本屋大賞ノミネート作が原作。兄の残した借金3000万円を抱えた図書館司書・一男(佐藤)は、起死回生とばかりに宝くじを購入したところ、3億円が大当たり。人生をやり直そうとする矢先、億万長者だったはずの大学時代の親友・九十九(高橋一生)にそのお金を持ち逃げされてしまう―。

 高橋から「滑稽ですよ。今までにない健君が見られると思う。華があるのに、かわいらしく困っている感じ(笑い)」と見どころを伝えられ、佐藤は「『ダサ面白い』をテーマに演じました」。

 映画「るろうに剣心」シリーズ以来4年ぶりの大友監督とのタッグ。「大友組の最大の見どころは、役者たちが伸び伸びとスパークするチャンスが多い。怪演は1作品1人までなんですよ。それが、怪演をみんなしちゃっている。すごいことをやっている人が多いので、ぜひ見てほしい」と魅力を語った。4000人の観客を前に、高橋も「この映画への期待感が高いんだと、視覚的にも感じています。作品の世界観を体感していただいて、答えを見つけて帰ってほしい」と話した。

 主題歌は4人組バンド「BUMP OF CHICKEN」の「話がしたいよ」(発売未定)。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)