水樹奈々、まさかの小学生役に「私で大丈夫かと思った」映画初日挨拶

2018年9月22日13時15分  スポーツ報知
  • 映画「若おかみは小学生!」の公開記念舞台あいさつに登壇した左から藤原さくら、松田颯水、ホラン千秋、水樹奈々、小林星蘭、鈴木杏樹、令丈ヒロ子さん、高坂希太郎監督

人気子役の小林星蘭(13)らが22日、TOHOシネマズ新宿で映画「若おかみは小学生!」(高坂希太郎監督)の公開記念舞台あいさつに出席した。

 同映画の原作は講談社青い鳥文庫で累計発行部数300万部を誇る同名の人気シリーズ。もともと原作の大ファンという小林は「オーディションに受かって本当にうれしくて、結果を聞いたときは、涙がポロッと出てきてしまった」と本作に懸けた思いを語った。

 ライバルの小学生役を演じた声優の水樹奈々(38)が「(小林との)掛け合いは打ち合わせなしです。私が小学生役で大丈夫かと思ったが、現場では星蘭ちゃんに安心感があって、一発OKをもらうことが多かった」と言えば、小林は「(水樹は)同級生みたいな感じ」。現場では息がピッタリだったことを明かした。

 9月25日に誕生日を迎える小林には、劇中に出てくる温泉旅館「春の屋」の特製露天風呂プリンを再現した巨大プリンが登場。小林は「こんなに大きいの? えっ、すごい!こんなに大きいと幸せですよね。プリン大好きなんですよ。こんなに大きいと幸せじゃないですか?」と大喜びしていた。

 舞台あいさつには他にも、声優の松田颯水(25)、女優の鈴木杏樹(48)、タレントのホラン千秋(29)、本作の主題歌「また明日」を手がけたシンガー・ソングライターの藤原さくら(22)、原作者の令丈ヒロ子さん(54)、高坂希太郎監督(56)が参加した。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)