棚橋弘至、号泣あいさつ「不安しかなかった…」…主演映画公開初日 

2018年9月23日7時10分  スポーツ報知
  • 主演映画の舞台あいさつで号泣する棚橋弘至

 新日本プロレスのエースの棚橋弘至(41)が22日、都内で主演映画「パパはわるものチャンピオン」(藤村享平監督)の初日舞台あいさつに出席した。

 悪役レスラー・ゴキブリマスク役で劇場映画初主演した棚橋は「こんな大きな劇場で、多くの皆さんの前であいさつできるとは…」と感無量の表情。スタッフからの手紙を読み上げられ、寄せ書きの色紙が贈られると号泣。「不安しかなかったですけど…座長としてそういう姿は見せられなかった…」畑違いの“戦場”での苦労を振り返った。

 妻役の木村佳乃(42)は「棚橋さんはかわいらしい一面もあって、差し入れにスイーツがくると我先にと写真を撮るくらい女子力が高いんです」と意外な素顔を披露。「でも22時まで撮影があっても、その後でトレーニングに行かれてましたよ」とも語っていた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)