中村梅玉、大岡越前の苦悩演じる 国立劇場11月公演  

2018年9月23日7時0分  スポーツ報知
  • 国立劇場11月公演「名高大岡越前裁」に出演する(左から)市川右團次、市川右近、中村梅玉、坂東彌十郎

 歌舞伎俳優・中村梅玉(72)、市川右團次(54)が22日都内で国立劇場11月公演「通し狂言 名高大岡越前裁(なもたかしおおおかさばき)」(3~26日)の会見を行った。

 テレビ時代劇でおなじみの名奉行、大岡越前(梅玉)に最大のピンチが訪れる展開。「誰もが知るヒーローだが苦悩する姿など内面の膨らみを」と抱負を語った。

 右團次は同演目が1972年6月に京都・南座で上演時に初舞台。そのとき市川猿翁(当時、猿之助)が演じた天一坊を演じる。「まさか師匠が勤めた役をやらせてせもらえるとは」と感慨深げ。共演は市川右近、坂東彌十郎ら。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ