鈴木亮平、西郷どん命日に墓参り「気持ちを新たに責任感を持ってやる」

2018年9月24日17時17分  スポーツ報知
  • 西郷隆盛の命日に鹿児島・南洲神社に西郷の墓参りに訪れた鈴木亮平と黒木華

 俳優の鈴木亮平(35)が24日、NHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜午後8時)で演じる西郷吉之助(隆盛)の命日に合わせて、妻の糸を演じる女優の黒木華(28)とともに鹿児島・南洲神社で西郷の墓参りを行った。

 同所を訪れるのは5回目ほどという鈴木は「命日である今日、実際に鹿児島の地を踏んでお参りができて、身が引き締まる思いがしました。これからいよいよ撮影が西郷さんの最後の日々に入ってまいりますので、気持ちを新たに責任感を持ってやりたいなという気持ちを強くしました」。墓前では「毎回来るたびにいつも同じですが、精一杯自分にできることを、西郷さんに恥ずかしくないようにやらせていただくつもりですとお伝えしました」と手を合わせた。

 一方、初めて同所を訪れた黒木は「西郷さんの命日の日に鹿児島に来て、昨日も鹿児島市でトークショーがありましたが、鹿児島の方と直接お話ししたりとかお会いすることができて、しっかり西郷さんを支える糸として生きていければいいなと改めて思いました。墓前では、無事に撮影が最後まで終わるよう、見守ってくださいとお伝えしました」と話した。

 10月21日放送の第39回から、最終章となる「明治編」に突入する。

 終盤にむけて、鈴木は「(大久保利通役の)瑛太さんと今まで積み重ねて来た信頼関係を元に思い切りぶつかって、魂の芝居をお届けできたらなと思います。今までは、西郷吉之助のお話でしたが、息子の西郷菊次郎から見た父親の話になっていきます。今までの愚直で優しいことが取り柄だった男が戦を経験し、国を変えたその後に、どういうことを背負い、どういう重みを持って生きていくのか、ここからが、鈴木亮平の西郷隆盛はどうあるのかと問われると思いますので、ぜひご覧いただきたいと思います」。

 黒木は「今までは女性しての悩みや成長でしたけど、これからは母として糸さんが家を守っていくので、また違った成長をお見せできるよう、頑張って撮影をしています」とコメントした。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)