真木よう子 新垣結衣ら所属の「レプロ」と契約

2018年9月25日17時0分  スポーツ報知
  • 真木よう子

 女優の真木よう子(35)が、新垣結衣(30)、長谷川京子(40)らが所属する大手芸能事務所「レプロエンタテインメント」とマネジメント契約したことが25日、分かった。レプロが公式ツイッターで発表した。

 レプロは「この度、レプロエンタテインメントは、真木よう子(そよかぜ所属)とマネジメント契約を締結したことをご報告させていただきます。引き続き温かい応援をよろしくお願いいたします」とした。

 「そよかぜ」は、真木の家族が経営する個人事務所。レプロによると、今年6月に公開された真木の主演映画「焼肉ドラゴン」の鄭義信監督が同社に所属していることがきっかけとなり、契約に至ったという。

 真木は昨年11月、出演予定だった映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(大根仁監督)を体調不良のため降板。今年1月に当時所属していた「フライングボックス」から独立した。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ