藤井聡太七段、新人王に王手 トップ棋士の登竜門

2018年10月11日6時0分  スポーツ報知
  • 笑顔で対局を振り返る藤井聡太七段

 将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(16)は10日、大阪市の関西将棋会館で指された第49期新人王戦決勝3番勝負の第1局でプロ棋士養成機関、奨励会の出口若武三段(23)を下して先勝、初制覇にあと1勝とした。第2局は17日に行われる。

 対局は終盤まで熱戦が続いたが、最後は後手番となった藤井七段の確実な攻めが決まり、相手を112手までで投了に追い込んだ。新人王が目前となった高校生プロは「途中で苦しくなった場面もあったが、粘り強く指せたのがよかった。第2局も落ち着いて、時間の配分にも気をつけたい」と冷静な表情で話した。

 同棋戦の参加資格は六段以下のため今年、四段から段位を3つ上げた藤井七段にとっては最後の出場となる。2月、全棋士が参加する朝日杯オープン戦で最年少優勝を飾っており、2回目の棋戦優勝を目指す。

 新人王戦は若手プロ棋士や奨励会の三段らが対象。歴代優勝者には羽生善治竜王(48)、渡辺明棋王(34)らがいて、トップ棋士への登竜門として知られる。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ