川栄李奈 初主演映画 撮影中は共演者と毎晩“飲みュニケーション”で役作り 

2018年10月21日19時42分  スポーツ報知
  • 公開記念舞台あいさつを行った川栄李奈

女優の川栄李奈(23)が21日、都内で初主演映画「恋のしずく」(瀬木直貴監督)の公開記念舞台あいさつを行った。今作には2月に亡くなった大杉漣さん(享年66)も出演していた。「クランクインはちょうど1年前の10月20日。1年があっという間。公開できてうれしい。大杉さんも思いを込めて作った作品です」と公開をかみ締めた。

 演じたのはワイナリーへの留学を夢見る“リケジョ”の大学生で、日本酒が苦手なのに実習で酒蔵に行く橘詩織。「普段、日本酒をあまり飲まなくて、詳しくもない。でも、まさに詳しくない役だからって。詩織もそうだけど、酒造りについて学ばせていただきました」と新鮮な経験となったようだ。

 撮影中は共演者とともに“自主トレ”と称して、毎晩のように飲みに繰り出していたという。「私も行けるときは行きました。役作りで(笑い)。色んな日本酒を飲んで、味の違いを宮地(真緒)さんが語ってくれるという会でした」と楽しい“飲みュニケーション”を振り返った。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)