山田美保子さん、チケットの“バラまき”に言及「もしジュリーの耳に入っていたら許せない」

2018年10月22日10時26分  スポーツ報知
  • 沢田研二

 22日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)に、“50年来のジュリー・ファン”という放送作家でコラムニストの山田美保子さん(61)が生出演。17日にさいたまスーパーアリーナで開催予定だった公演を急きょ中止した歌手のジュリーこと沢田研二(70)が、21日に大阪狭山市のSAYAKAホールで行った騒動後初の公演について語った。

 沢田はスーパーアリーナ公演が「9000人と聞いていたが、実際は7000人。席がスカスカの状態でやるのは酷なこと。僕にも意地がある」と独断で中止を決めたと話したが、21日のSAYAKAホール公演のチケットは完売、当日券の発売もなかった。

 この件について山田さんは「実際、これまでの会場も満席なんですね。横浜アリーナとか真駒内アイスアリーナとかも完売してますし、立ち見が出た会場もあったほどなので。(さいたまスーパーアリーナ公演は)何かの行き違いでこんなことになっちゃったのかなと」と話した。

 「ファンクラブでも2枚とか4枚とか枚数制限がある。いわゆる“バラまく”のは好きではない。ところが今回は“バラまき”があったような気がするんです。実際、そういうチケットを持ってらっしゃる方も知ってますし」と、スーパーアリーナ公演で、沢田が嫌う“異変”があったのではと指摘した。

 それだけに「もしそういうことがジュリーの耳に入っていたら、許せないところだなって私は思いました」とファンとしての思いを明かした。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)