「いきものがかり」ファンクラブ限定新曲CDの転売、出品に注意喚起

2018年11月5日21時48分  スポーツ報知
  • いきものがかり

 3日から約2年の“放牧”を終え活動を再開した3人組バンド「いきものがかり」が5日、公式ツイッターで、ファンクラス(FC)と呼ばれる全国ファンクラブへ無料送付した新曲CD「太陽」の転売、オークションへの出品に対して苦言を呈した。

 公式ツイッターでは「ファンクラスの皆さまへ 皆さんの手元に『太陽』のCDが届いたという声を聞けて、大変嬉しいです」とファンとのつながりを喜びつつ、「太陽」がオークションサイトへ出品されていることに「ただし、CDがオークションサイトで高額出品されています。ファンクラスの皆さんへのギフトなので、転売・オークションへの出品はお控えください。出品されているものも購入しないようお願いします」と注意喚起した。フリマアプリ「メルカリ」では、同CDが5日現在、7777円で取引されているものなどがみられる。

 昨年1月から「放牧」と銘打って活動休止していた「いきものがかり」は、活動を再開するにあたりファンクラスに向けてCD「太陽」を送付。「太陽」のリリースについては未定。また、2019年4月から5月に8年ぶりのFC限定ツアー「いきものがかりファンクラスツア~モゥ集牧だよー!2019~」の開催も発表している。

芸能
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ