ダイエット成功の菊地亜美、テリー伊藤の「ダイエット本を出そうと思ってるでしょ」に苦笑い

2018年11月8日16時44分  スポーツ報知
  • 自らがデザインした革靴を贈られた菊地亜美とテリー伊藤

 タレントの菊地亜美(28)とテリー伊藤(68)が8日、都内で行われた第11回日本シューズベストドレッサー賞授賞式に出席した。

 2008年から始まった同賞はその年、もっとも靴が似合い、日本製の革靴を美しく履きこなせる著名人に贈られるもの。菊地は、受賞の記念に自らがデザインしたラビットファーがあしらわれたブーツをもらい、「世界に一つだけの靴をこの賞をもらった時に作ってもらったと自慢できるので光栄です」と大喜び。「オシャレは足元からといい、靴からその日のスタイルを決める人もいると聞きました。私は違うので、これからは靴から決められるようなおしゃれな人になりたい」と語った。

 今年2月、5歳年上の一般男性と結婚した菊地。テリーから「痩せていい女になったね。あんまり太ってたら旦那に逃げられる。そもそも半分だまして結婚したんだから」といじられると、「だましてません。架空で結婚したわけでもないですから」と苦笑い。痩せた理由については「結婚式があったから。まだダイエット中なので痩せきったら、どのくらい痩せたかお伝えします」。納得のいかない様子のテリーから「どうせダイエット本でも出そうと思っているんでしょ。亜美式ダイエットとかやりがちだよね。絶対商売を考えている」とつっこまれると、「そんなことないです」と笑いながら否定していた。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)