長澤まさみ、クドカン舞台で“悪女” 浦井健治に「ビシバシ言わせていただいてます」

2018年11月9日6時3分  スポーツ報知
  • 公開稽古で熱演する長澤まさみ

 女優の長澤まさみ(31)、俳優の浦井健治(37)が8日、東京・豊洲のIHIステージアラウンド東京で劇団☆新感線の舞台「メタルマクベス disc3」(9日~12月31日)の公開稽古を行った。

 シェークスピアの四大悲劇の一つ「マクベス」を、宮藤官九郎氏(48)がアレンジ。3作連続上演のファイナルになる。

 マクベス夫人役の長澤は「悪女という役柄なので、普段から(浦井に対して)ビシバシと言わせていただいております」と小悪魔っぽい笑み。「60公演という長い公演は初めての体験なので、無事に走りきりたい。チームワークがいい。『みんなで作り上げていこう』という気合が現場にはある」と話した。

 劇中、主演ミュージカル「キャバレー」(17年)以来、歌声を披露する予定。「人前で歌うのが2回目なので、頑張らなきゃ。ちゃんと届くように歌いたい」と気を引き締めていた。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)