上白石萌音、聖夜も吹き替え「世界のために戦います」…米映画「アリータ-」

2018年11月9日6時3分  スポーツ報知
  • アリータの衣装でイルミネーション点灯式に参加した上白石萌音

 女優の上白石萌音(20)が8日、東京スカイツリータウンでイルミネーション点灯式に出席した。主人公の声優を務める米映画「アリータ:バトル・エンジェル」(2019年2月22日公開、ジェームズ・キャメロン監督)と同所がコラボしたことでこの日のイベントが実現。キャラクターの剣を振り上げる合図で光った52万個の電球に「きれい!」と声を弾ませた。

 映画は遠い未来が舞台。サイボーグの少女・アリータが世界を救うために戦う。上白石は洋画の声優は初めてで「すごく光栄なこと。身の引き締まる思いです」とうれしそう。今年のクリスマスも吹き替えの仕事が入っており、司会者から予定を聞かれると「今年は世界のために戦います」と笑っていた。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)